ピルを服用しながら生理痛軽減

生理痛が酷くなってきたと感じたのは20代後半になってから。それまでは生理も軽く生理痛が重い友人などの話を聞いてもイマイチわかりませんでした。

 

1人目を妊娠した時に産婦人科で3個ほど子宮筋腫が見つかり妊娠継続には問題ない場所と大きさだったことからひとまず経過観察でした。子宮筋腫妊娠

 

出産して生理が再開してから生理痛は、ますます酷くなりよく聞くレバーのような塊も出るようになってきたので受診しました。

筋腫の大きさもあまり変わりなく筋腫のせいで生理痛が酷いわけではないとのこと。

授乳中でも飲める漢方と鎮痛剤でやり過ごしました。

 

酷い時には腰がひたすら痛くなり生理痛なのか腰痛なのかわからないほどに。

生理痛が酷いとこんなに辛いんだと実感しました。

ピルを飲むかリングを入れるか、それとも漢方の種類を変えて様子を見るかと提案されました。

ピルは副作用もあまりなく手軽でオススメされました。

 

リングを入れると5年くらいは生理も軽くなるし2万円くらいで出来るのでピルより安いけど人によっては挿入する時痛みを感じると説明され、痛いのはいやだと二の足を踏んでしまいピルを試してみることにしました。

 

生理がくる日もわかるし、なにより生理痛がかなり楽になりました。経血の量はあまり変わりませんでしたがレバーのようなものは出なくなり鎮痛剤を使わなくても痛みでうずくまることもなくなりました。あまり長くピルを飲み続けるつもりはないのでピルを服用しながら体質改善を目指しています。

Swiftray Theme Powered by WordPress